【西行】藤木直人・毎回歌を詠むハズ・一句目【義清】

1日曜8時の名無しさん2012-01-25 08:05:16

平安の世に悲しみを覚え、時代を目撃した歌人

西行 (佐藤義清)  藤木直人

hhttp://www9.nhk.or.jp/kiyomori/cast/support.html#s_norikiyo

武士として清盛とともに「北面の武士」で活躍。

歌に通じ、武芸も闊達、妻子をもち順風満帆な人生であったが、ふとしたことで鳥羽上皇の妃・璋子と関係を持ってしまう。

それがきっかけとなり出家。エリート武士の将来を捨て、漂泊の人生を歩む。生涯を通じて清盛の親友となる。

2日曜8時の名無しさん2012-01-25 08:10:28

三話初登場

記念すべき一句目

「花は盛りに 咲き誇りけり」

現代語訳:たまこ可愛いよ。たまこ。

11日曜8時の名無しさん2012-01-25 20:59:30

>>2

たまちゃん17才も年上か

ませガキやの〜w

13日曜8時の名無しさん2012-01-26 08:36:03

>>11

15歳の少年が17歳の奥様に一目惚れ

49日曜8時の名無しさん2012-01-31 19:21:17

堀河局 「長からむ 心も知らず 我が袖の 濡れてぞ 今朝は ものをこそ思へ」

義清   「“長からむ” と始めたのなら “我が袖” よりも “黒髪” を持ってきたらいかがでしょう?」

堀河局 「では “濡れてぞ” はどうなります?」

義清   「“乱れて” となさっては」

堀河局 「長からむ 心も知らず 黒髪の 乱れて 今朝は ものをこそ思へ」

たまちゃんが鳥羽上皇との閨で黒猫ちゃんを従えてこの歌を詠んでいたのにワクテク

義清、たまちゃんの標的になったね

51日曜8時の名無しさん2012-01-31 20:28:15

>>49

義清を思い出しながら鳥羽さんとHしてたんかな

52日曜8時の名無しさん2012-01-31 20:50:30

>>49

ロックオンw

たま子様たちが北面の武士はべらかしてたのは

かわいい男の子たちからかってみようかしら〜くらいの感じだったのかな?

53日曜8時の名無しさん2012-01-31 22:04:59

>>51

>>52

天然たまちゃんの心はわからないけど

乱れた黒髪なでなでしながら歌を詠んでる姿はぞくっとしたな

72名無しさん2012-02-03 12:57:24

この人が一番、今いる登場人物の中で長生きなんですか?

73日曜8時の名無しさん2012-02-03 14:38:32

>>72

頼朝夫婦を別にすればそうだね。平家滅亡の五年後まで生きてる。

75日曜8時の名無しさん2012-02-03 16:09:37

>>73

そんなに長生きするならナレは西行でも良かったな

76日曜8時の名無しさん2012-02-03 16:13:45

>>75

藤木もなかなかの棒なのでそれはそれで不安

78日曜8時の名無しさん2012-02-03 17:33:55

>>76

棒もそうだけど声質が頼朝タイプ

軽いというか薄いというか

81日曜8時の名無しさん2012-02-03 22:29:39

>>79

毎回最後に誰かの歌紹介をお約束にすればよい

166日曜8時の名無しさん2012-02-20 00:30:55

カットされた部分では清盛に奥さんを紹介した後

堀河さんともつきあっていることを明かす台詞があったようだ

見たかったなあ

167日曜8時の名無しさん2012-02-20 00:37:58

>>166

え?

内緒にしないで

堂々と明かしちゃうのかい?

なんちゅう時代じゃ

168日曜8時の名無しさん2012-02-20 00:52:57

>>167

さすがに奥さんには内緒にしている

↓本スレにあったその部分の会話

17 名前:日曜8時の名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/19(日) 20:23:04.21 ID:llb5Ydm/

・義清邸にて。義清に妻がいたことに驚く清盛に対して、自分と妻は

徳大寺実能が引き合わせてくれたと説明しつつ

義清 「せっかくなら、歌でも交わして駆け引きを楽しみたかったが、

…それは堀川殿と楽しむとしよう」

清盛 「お前…そのおなごとも?」

義清 「しっ!妻に聞こえたらどうする。私が帝の歌のお相手となれるよう

上皇様にお取次ぎ下されたのは堀川殿だ。…家の中を守る女も

欠かせぬが、外で引き立ててくれる女もなくてはならぬ」

清盛 「…相談する気が失せた。

この件について、お前とは話が合わぬ気がする」

170日曜8時の名無しさん2012-02-20 01:23:44

>>168

編集の人が主婦層に気を使ったんだろうね。

171日曜8時の名無しさん2012-02-20 01:27:49

>>168

そのようなシーンがあったとは・・・

なんとプレイボーイな義清

前回の堀川さんとのシーンで十分だわ

176日曜8時の名無しさん2012-02-21 06:00:03

今回の騒動で藤木が評判を落としたのは確実だろう。

芸能リポーターの川内朋子氏もこう言う。

「藤木に対する女性の印象は『都会的なおしゃれな男』から、『避妊をしないダサい男』に様変わりしたと思います。

遊び慣れている男性なら、後腐れなく別れられるように、その辺はキッチリしますよ。

アフターケアも他人まかせではなく、相手が納得するまで自分でしなきゃ。誠意のなさも暴露してしまいました」

博多の女性と不倫して中絶強要した過去が明るみに出た時にワイドショーで言われていた話

私生活でも藤木直人は下半身がユルすぎだね

179日曜8時の名無しさん2012-02-22 07:49:01

>>176

むしろこの経験があるからこそ西行にキャスティングされたんだと思う

237日曜8時の名無しさん2012-02-28 19:50:36

咲き乱る 菊の香よりも 懐かしき 白水仙や 思ひ届けよ

247日曜8時の名無しさん2012-02-29 22:50:05

ほんと、「西行 その『聖』と『俗』」は、火坂雅志の最良作。

どんどん飽きずに読み進められるよ。

通勤時間や職場の昼休みに読んで、たぶん5〜7日で読破できる。おすすめよ。

249日曜8時の名無しさん2012-03-01 02:25:29

>>247

他のスレでも宣伝してるよねー

パクリ作家の書いたもんなんて読みたかねーよ

252名無しさん2012-03-01 18:16:31

タマちゃんも義清もどんだけストライクゾーン、広いんだよ。

256日曜8時の名無しさん2012-03-01 21:09:01

>>252

この時代は何でもアリだからなあ

源氏物語だって義理の母から10歳の少女まで幅広く関係するし

258日曜8時の名無しさん2012-03-01 22:22:37

>>256

今日源氏物語の番組やってたけど

光源氏の相手の源典侍だっけ?って性に奔放な六十歳↑だって

ストライクゾーンの幅が半世紀ある光源氏の物語(しかもショタもいけるらしい)が

普通に受け入れられてた平安時代だから、西行と玉子くらいの年の差なんでもないんだろうな

259日曜8時の名無しさん2012-03-02 00:58:26

>>258

源氏と頭中将の源内侍をめぐる騒動、

あれは高齢なのに色好みである女性をめぐっての滑稽味も含めて

特殊パターンの話だから

296日曜8時の名無しさん2012-03-04 21:00:25

いきなり崇徳帝のうたを詠み始めた時には仰天した

崇徳帝のためにがんばったのはわかるけど

そのあとたまこに惚れる過程がちょっとよくわからなかった

322日曜8時の名無しさん2012-03-05 05:07:18

>>296

そのあとたまちゃんに惚れた、てよりは元々たまちゃんに憧れてたんじゃないの?

初登場シーンでうっとり見とれてなかったっけ

それが色々事情知るにつれて庇護欲が沸点に達してしまった、みたいな感じかと思った

321日曜8時の名無しさん2012-03-05 01:12:42

松山放送のアラタへのインタビューがなかなかに面白い

崇徳帝の中の人が、義清への思いを率直に語っている

323日曜8時の名無しさん2012-03-05 08:13:18

>>321

高松放送局でないの。松山放送局のHPに行ってしまったがや。

324日曜8時の名無しさん2012-03-05 12:15:05

>>322

たまちゃん年増だけどやっぱり美しいからねー

370日曜8時の名無しさん2012-03-11 01:17:59

このドラマで和歌を朗々と詠み上げる人たちを見ていたら

快感になってきてしまって

つい外で自分まで詠み上げてしまいたくなる

しかし、百人一首や古今新古今あたりの和歌はあのように詠んで恰好がつくが

現代語のサラダ記念日あたりでは、ああいう詠じ方はさっぱり似合わんだろうな

377日曜8時の名無しさん2012-03-11 19:34:35

逸話通り子供を縁側から蹴り落としたが、その行動の必然性がわかりにくいな

逸話では出家しないでと泣いてすがるからだと思ったが

379日曜8時の名無しさん2012-03-11 19:38:02

>>377

そうそう、気が動転していたとか、やむをえずとかじゃなくて、

つい直前までかわいがっていた女の子を、

突然狙って蹴飛ばしていたんで、サイコっぽかった。

385日曜8時の名無しさん2012-03-11 22:10:21

>>377>>379

本心では愛しつつも、璋子につらい仕打ちをする鳥羽上皇を意識して、

自分も愛しい我が子を縁側から突き飛ばしたということじゃないの?

388日曜8時の名無しさん2012-03-11 22:25:46

>>385

そうなの?

俗世に未練を残さないように、

自分を捨てて出家する父に未練を残さないように

蹴り倒したと解釈したんだが

391日曜8時の名無しさん2012-03-11 22:32:07

>>388

史実(というか伝わる伝承)ではそういうことなんだろうけど、

ドラマの中では、鳥羽上皇絡みの愛憎劇仕立てになっているんで>>385のように解釈してみた。

439日曜8時の名無しさん2012-03-13 00:58:38

前提として仏道に入れ込んでいるシーンがあったらよかったな

出家が単なる逃げになってしまったのは残念

452日曜8時の名無しさん2012-03-13 02:21:23

>>439

残念も何も実際逃げたんだよ

頼長や堀河さんから看破されたように自分は何でも出来ると思い上がって、

自分のキャパシティーを超えた事態に首を突っ込みまくり王家の愛憎に取り込まれかけて

収拾付かなくなって逃げ出した

清盛は義清を完璧で万能なお兄ちゃんのように思っていたから(同い年だけど)

そんな情けないのは俺の兄ちゃんじゃない! と怒ったわけだ

史実の佐藤義清も一見完璧超人のように見えたけど、

身を捨てるなんて言ってる時点で捨てれてない、なんて詠んでるように

西行になってからも俗世に対して未練タラタラだし、実のところ未熟な人間だったんだよな

だがそれがいい(無責任)

442日曜8時の名無しさん2012-03-13 01:13:37

いくら現代とは価値観の違う当時のことでも

幼い娘を蹴り飛ばすのはひどいことだったろうから醜くていいよ

娘蹴るシーン美しかったな〜なんて言われている方が怖い

445日曜8時の名無しさん2012-03-13 01:50:16

>>442

美しくなくていいけど、切なく描くことはできるじゃん

心を鬼にして、自分に未練が残らぬよう泣いてすがる娘を蹴飛ばすなら

涙したかも

448日曜8時の名無しさん2012-03-13 02:04:58

>>445

これは個人的な感覚の問題だけど、その理屈なら別に娘蹴る必要なくね?と冷静になってしまいそう

自分でも訳がわからない衝動で蹴ってしまったの方がまだ共感できる

ダメ人間だという前提の上でだけど

449日曜8時の名無しさん2012-03-13 02:08:11

>>448

うん。必要ないと思う。

多分、脚本家か演出家か知らないけど、娘蹴りの説話をどうしても使いたかったんだと思うんだよね。

使うなら、もっと演出のしようがあったんじゃないかな?と思ったの。

451日曜8時の名無しさん2012-03-13 02:17:45

>>449

娘蹴ったシーンを入れたのは義清の身勝手さ強調のためもあるんじゃないかな

もちろんそれだけのためではないだろうけど

脚本家の義清sageとかじゃなくて、弱いからこそ出家したんだということなんだと思う

453日曜8時の名無しさん2012-03-13 02:41:03

>>452

西行はそんな人じゃない!という意見は当然あるだろうけどなw

逃げ続けたダメ人間西行はどうなるのか

白峰をやるとしたら西行は崇徳帝(の陵or怨霊)にどんな顔して向き合うのか

少なくとも原典みたいなただの鎮魂にはならないだろう

その時西行は自分の業に向き合えるのか

469日曜8時の名無しさん2012-03-13 20:32:22

>>453

白峯の解釈でも西行は最期まで自分のエゴを押し付けて崇徳院と話が通じないって解釈もあるよ

講談社の学術文庫の奴だと

自分だけキレイでいたい人だみたいな

歌を詠むときだけは崇徳院と心が通じるのに会話になるとまるでダメって

495日曜8時の名無しさん2012-03-17 19:45:57

顔が少女漫画。

でも若いときより今の方がいいね。

早稲田の理工学部一般入試なんだよね。頭良さそうに見えないけど。

496日曜8時の名無しさん2012-03-17 21:28:29

>>495

倉敷生まれで神奈川、千葉か

父親が川崎製鉄(現JFE)のエンジニアだったんかな

538日曜8時の名無しさん2012-03-25 11:45:32

史実の西行には関心があるが清盛には全く興味がないため

第10回が終わった時点で全く見る気が起こらなくなっている。。

数回我慢すればまた見たくなるかなあ。

540日曜8時の名無しさん2012-03-25 14:13:31

>>538

西行をバカにし過ぎだよね

清盛が主役だから仕方ないのかも知れないけど

あの出家エピソードは無いわぁ

602日曜8時の名無しさん2012-04-13 01:35:21

西行様も頼長の餌食になった一人なんだろうか……

606日曜8時の名無しさん2012-04-13 15:23:12

>>602

頼長が実は男装のヒロイン設定だった某ラノベだと

頼長と西行は道ならぬ恋に落ちてしまった設定だったが

ドラマの頼長にして見れば↑は噴飯ものだろうな。

607日曜8時の名無しさん2012-04-15 01:34:37

>>606

え、なにそれ読みたいw

734日曜8時の名無しさん2012-07-11 10:59:33

主要キャストのはずだったのに西行さんぜんぜん出てこない

でも係り結び間違った創作和歌とか、いつまでも「瀬をはやみ」とか

脚本家のアホさが目立つからこのほうがいいかな

758日曜8時の名無しさん2012-09-26 21:47:08

西行は清盛の親友役として

折に触れ清盛の前に現れ助言する役だと思い込んで待ってたが

とうとう妖怪退治の時にひょっこり現れただけで消えそうだな

西行の助言無くとも清盛天下取っちまったよw

時忠の方が出番が多かったぐらいだなw

765日曜8時の名無しさん2012-10-04 15:36:21

どちらでも似たり寄ったりだったと思いますが

藤木さんより岡田君の事務所の方が大きかった

という大人の事情もあるのでしょうかねえ

766日曜8時の名無しさん2012-10-04 17:55:59

>>765

論点をズラすなよ。

中の人のことを言っているのではなく

西行と頼朝のことを言っていることぐらいすぐわかるず。

767日曜8時の名無しさん2012-10-07 01:03:17

>>766

その人はわかった上で「論点をズラ」してんでしょw